株式会社モリタ
モリタ採用情報
モリタ65周年ロゴ
HOME → 環境・安全衛生 → 安全衛生
安全衛生
基本理念

株式会社モリタは、経営理念のもと、安全衛生の確保を企業経営の最重要課題と位置づけ、
安全衛生イメージ
「安全と健康は全てに優先する」をスローガンに、企業活動のあらゆる領域において、

積極的な安全衛生活動を展開します。

弊社は、一般建設業国土交通大臣許可を受けております。
建設業許可証


弊社は、2018年7月に一般建設業国土交通大臣許可を取得しました。

お客様に安心してご依頼いただけるよう適切な工事に取り組んでまいります。

建設業の種類:機械器具設置工事業


安全宣言
安全衛生旗

株式会社モリタは、
「安全と健康は全てに優先する」という基本理念のもと、
企業活動における安全衛生管理の重要性を再認識し、社員一人一人の安全確保と健康増進
ならびに得意先構内作業における危険ゼロの達成を目指します。

ここにOSH-MSの導入を宣言し、従来の安全衛生管理活動をシステムとして築き上げ、
経験型から予防型管理への転換を図るとともに、継続的なPDCAの実践を通し、
全社への水平展開と全員参加型の活動を推進することを誓います。

2007年 3月17日
取締役社長 森田乾嗣


労働安全衛生方針

1.私たちは、
順守義務が課された労働安全衛生関連法令および当社が同意したその他の 協定、業界申し合わせなどを順守します。

2.私たちは、
お客様の課題解決を考慮し、負傷および疾病の予防を実現する労働安全衛生の推進に全社をあげて取り組みます。

3.私たちのシステムは、
労働災害を発生させない予防管理のシステムであり、危険源とリスクを特定し、労働安全衛生目的・目標を定め、これを定期的に見直すとともに、リスクの継続的改善および低減に努めます。

4. 私たちは、
全社員、協力会社および来訪者の安全衛生を確保するため、教育、訓練を実施します。

5.私たちは、
全社員、協力会社および来訪者に方針を周知し、労働安全衛生マネジメントシステムの効果的運用に努めます。


2009年 3月21日
取締役社長 森田乾嗣


ページのトップへ