株式会社モリタ:::::リクルート情報:::::
このページでは、モリタという会社がどんな企業なのか、「会社の紹介」をします。
会社の紹介

営業の仕事

営業事務の仕事

会 社 名

本社所在地

MORITA CORPORATION
〒460-0013 名古屋市中区上前津一丁目2-29
TEL〈052〉322-5522 FAX〈052〉322-5526
  
地図はここをクリック
営 業 所
名古屋営業所(名古屋市中区) 豊田営業所(愛知県豊田市)
刈谷営業所(愛知県刈谷市) 小牧営業所(愛知県江南市)
北九州営業所(福岡県北九州市) 仙台営業所(宮城県仙台市)
特機エンジニアリング部(名古屋市西区)
関 連 企 業
東京技販株式会社 (東京都品川区 工作機械・専用機・生産設備商社)
株式会社二葉 (名古屋市中区 利器工匠具商社)
HONG KONG MORITA INTERNATIONAL TRADING CO.,LTD(香港)
上海森田皆喜精密机械有限公司(中国・上海市)
天津森田国際貿易有限公司 (中国・天津市)
PT. MORITA PRECISION INDONESIA (インドネシア・ブカシ)
G PART AUTOMATION CO., LTD (タイ・バンコク)
社名の由来
会社設立当時は、創業者 初代社長 森田康二朗の名字から社名を『株式会社森田商會』と言いました。(昔から商社なんです)
昭和58年12月、会社設立30周年と本社新社屋完成を機に『株式会社モリタ』と社名変更いたしました。(当時、カタカナの社名は珍しく斬新だったのですよ)
会社の設立
昭和27年1952年)12月。人間で言えば満65歳の働き盛り。
モリタの歴史は、自動車の国産化、日本の自動車産業の歴史とほぼ同じぐらいです。

モリタの歴史を詳しく知るにはバナーをクリック! 

業種・業界
「機械・工具販売卸売業」という業種で、愛知県機械工具商業協同組合に加盟し
中部地区では、業界のリーダー的存在です。(社長が組合三役である副理事長を任されています)
事 業 内 容
精密測定機器・試験機・工作機械・環境機器や空気圧機器、FA産業用機器など
モノを作るのに必要な設備や装置、工具を、中部地区の大手勝ち組製造業様の工場へ、
販売している専門商社です。
(『お客様の課題や問題に一緒になって取り組み、新たなる価値を創造する』がモリタの営業コンセプト!!)
主要お得意先
ここをクリック
社   長
森田乾嗣(モリタケンジ)1962年生まれ。
現社長は、三代目!名城大学理工学部卒業で、仕事大好き人間!また、スポーツも大好き!特に野球は、中日ドラゴンズの大ファンで、社業の発展と社員の幸せと同じくらいドラゴンズの日本一を願っている、元気印で熱い社長!最近はゴルフも熱心に取り組んでいる。
社 員 数
社長・役員をはじめ、正社員・契約社員・パート社員で総勢 100名
(そのうち正社員の営業職は、55名、営業事務職は25名です。)
年   商
2016年9月期   年商 55億円 経常利益 1.6億円
2017年9月期   年商 55億円 経常利益 1.6億円
2018年9月期   年商 62億円 経常利益 1.9億円 (予測)
経 営 理 念
ここをクリック
企業ビジョン
2020年9月期  単体社員100名で、年商100億円の達成を目指しています。 
(年商100億円は、お取引先様から必要とされ頼りにさせる証であり、社員の生活安定にもつながると考えているからです。)
企業スローガン
感謝・感激・感動の三感王を目指そう!
(関わり合いのある全ての人に感謝し、仕事の成功や大きな受注に感激し、やり遂げることにより周りに感動を与える。それがモリタマン!三感王の極意です。)

営業の仕事

〜顧客価値の創造〜

 弊社の営業は商品を販売する事が目的です。そのためには、プロセスにおいて自分を売り込むということが非常に重要な要素となります。一定の商品知識は必要ですが、それ以上に、クレバーかつアグレッシブで柔軟な発想を持っていれば、自分の実力次第で営業マンとして勝負できるということです。
 誠実で向上心があり前向きな考えを持った人、人間的に魅力あふれる人が高成績を上げています。 また、使命感を持ち、早く実力を認められたい、早く自立したいと思い、一生懸命取り組んでいる人達が、営業経験・入社歴・年齢を問わず責任者として重要なポストを任せられています。

 弊社は、ルート営業を基本としますので、小売店のように店先にならべた商品を来店されたお客様に販売することではなく、営業マンとして足繁くお客様のところ(工場)を訪問し、提案する商品やサービスに対して、お客様がどのような価値を感じていただけるかを常に考え行動し、商品を販売することが仕事です。
 専門的に言えば、製造業における生産管理の三つの柱である品質(Q)、コスト(C)、納期(D)の面で、私たちがお客様に提供できる「機能」「効用」「成果」は何かを常に考え行動するということなのです。最近では、この三つの柱に環境(E)と安全(S)が加わり、五つを柱とし、その対応をおこなうことで、より弊社の営業の仕事の幅が広がっています。

 ここ数年は新規得意先(お客様)開拓にも力を入れるようになってきています。弊社のこれまでの主力得意先(お客様)は、トヨタ自動車様を頂点としたTier1(1次協力会社),Tier2(2次協力会社)といった、いわゆるトヨタ自動車関連の大企業でしたが、近年ではTier3(3次協力会社)へも仕事(生産ライン)が広がるケースが頻繁にみられるようになりました。
 その流れに追随するため、今までお取引のない企業に対しても営業を仕掛けることが非常に必要になってきており、このような「新規得意先開拓」と「新規顧客開拓」・「新規商材開拓」を併せて3つの新規開拓が営業方針の要となっています。
 また、新規メーカーも積極的に取り込み、既存の取引メーカーの新商材と併せ、得意先へいち早く情報提供をし、PR活動するというメーカー側の営業戦略との連携にも力をいれています。

 本業の中心となるソリューション営業部は、流通させるだけの商品販売業ではありません。お客様と一緒になって課題や問題を解決し新しい価値を創造する。時には、まだ具体的に課題や問題として見えていないものを「見える化」することにも携わることがあります。そのためには、お客様の事情を知らなくてはなりません。常にお客様のそばにいて、製造現場に足繁く通い、ご担当者の皆様方とのコミュニケーションを取りながら、ニーズをさぐり販売活動を進めていく。少し原始的に思うかもしれませんが、これこそがお客様のニーズに到達する唯一無二の方法であり、モリタのルートセールス営業の真骨頂なのです。
 ニーズを予測できれば、タイムリーな提案ができます。提案できれば、その価値や効果について明確な説明ができます。価値の説明ができれば、お客様から必要とされます。必要とされれば、注文を頂くことができます。
 そうです。お客様から絶対的に必要とされ、自ら提案した商品が受注に至ったときの喜びは、単に流通された商品を販売した時の数倍、数十倍になるのです。 それが、ますますモチベーションアップにつながり、やりがいや満足感、最高の達成感になっていきます。

 今、これを読んだ皆さんはもう既にモリタの社員になった気分になっていませんか?
モリタで活躍している未来の自分が頭に浮かんでいませんか?
どうですか皆さん、お客様に必要とされる営業を、私たちと一緒にやっていきましょう!


営業事務の仕事

〜イエス、モリタを続けること〜

 当社の営業事務職の仕事は、ごくごく普通で一般的なものです。
1 電話や電子メールの対応
2 来客への応対
3 受発注業務や各種書類作成などパソコンのオペレーション業務
4 Bにともなう調べごと
が主な仕事です。
 担当するお客様によって多少やり方が異なったり、ボリュームに差が出ますが、基本的には当社の基幹システムの中で進められるので、やる気と根気があれば、スムーズに仕事をこなすことができます。
 しかし、難しいことが一つだけあります。それはすべての仕事を「はい」と言って始めることです。「はい」というのは返事の「はい」だけではありません。「快く受け入れる」という気持ちのことです。
 当社の女子マナー手引きに、合い言葉は「イエス、モリタ!!」と書かれています。もう何年も前に当時の女子社員たちが、自分たちで考えた合い言葉です。言うは易く行うは難しで、どうしても仕事が忙しくなると、いつの間にか「ノー、モリタ」になりがちです。だからこそ、現在の女子社員たちも毎朝の朝礼でこの合い言葉を唱和し、一流のコンシェルジュを目指して日々奮闘しています。
 「イエス、モリタ!!」は永久に続けなければなりません。
 あなたにそのバトンを受け取ってほしいのです。